ぜひぜひクリックして下さいっ→ 人気ブログランキングへ
更新をメール通知してくれるのを見つけました!
メールアドレスをご入力ください。

記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

2011年03月01日

サンフランシスコ旅行記4 -ゲイの街-

vol.0 寒いのに半袖
vol.1 ベトナム料理店1
vol.2 ベトナム料理店2
vol.3 ユニオンスクエア


サンフランシスコ
この街は様々な側面で有名な街です。
・坂とケーブルカーの街
・霧の街
・アメリカの中でもとにかくいろんな人種が集まる街
・全米の人が憧れる 美しい街


そして、ゲイのメッカ

この街では同性同士の結婚も認められているため
全米・全世界からこの街に住民票を移して結婚するカップルが集まるくらいです。

今日は、友人から聞いたゲイに関する話、
の伏線として(前座ともいう)僕自身の体験談です。



僕がこの街で学生をしていた ある日、
とある友人(Aとします)に誘われ、夕方から出かけることとなりました。

どこへ行くのかと訪ねると、
ゲイの集まるカストロストリートへ行くと言うではないですか。

僕はこれまで、興味がありつつも訪れる機会がなかなかなかったので
新たな場所へ向うことで期待に胸がふくらみました。


現地でクラブに入り、お酒を飲んで踊って、と遊んでいた訳ですが、

やはりゲイの集まる場所なだけに 何だか怪しげな雰囲気の人たちばかりです。


もともと「まぁ、ゲイでもなんでも、いろんな人がいていいよね」と普段言っていた僕ですが、
それでもやはり ひとりでいることに心細くなり、どこかへ行ってしまったAを探してみると、

彼、なんだか場に馴染んでます。

というより、怪しげな人たちと仲良くしてます。


まぁ、前々からそれっぽい気がするとは思っていましたが、

彼、ゲイだったようです。



彼が僕を見つけ隣に戻ってきた際、
僕の手を握ろうとしてきたので あわててその手を振り払いました。


僕「いいか、おれはゲイじゃないんだ。勘違いしないでくれ」

A「わかったわかった。とりあえずこのクラブを出ようか」


そういって僕らはクラブを後にして メイン通りを歩き始めました。


A「いやぁ、楽しかったなぁ。なぁ、tocki、そんなムスっとするなよー」

僕「いや、なんか驚いちゃって…」



ややうつむき加減で話をしながら道を歩いていた僕は、

向こうから男の人が来ていることには即座に気づかなかったんです。


Aが足を止めたので ふと顔を上げてみると、

Aが向こうからやってきた男の人とキスしているではありませんか。


え、え、なにこれ

何がどうなってキスにいたったんですか?



てか、男同士のキスをこんな間近で見るなんて、なんだかショックが強過ぎます(>_<)


僕があたふたしていると、Aがキスしていた男性にこういいました。


A「こいつは友人のtocki、日本人だ。今度はこいつとキスしていいよ」

男「ok」



え?今何と?


僕は何がどうなっているのかよくわからなかったのですが、
とりあえず逃げようと思いました。

が、

Aが僕の手をつかみ、逃がしてくれません。


僕「NO, NO!」 「おれはゲイじゃないっていっただろ」

A「(その男性に対して)こいつ、ちょっとシャイなんだ。」


いえ、シャイかどうかじゃないんです。ゲイじゃないんです。


男「今日はダメそうだな。また今度」

いえ、今度なんてありませんから。


以来、ゲイの人にはトラウマを抱いてしまっています。
(ゲイの人、すみません。でも、でも…(>_<))
posted by tocki at 02:38| Comment(14) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事感想をお聞かせ下さい】( ↓ メッセージも送れるんです)
簡単評価くん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。